ジュエリーハナジマ社長のコラム

彼からのオーダーでプロポーズ指輪を作る。

これは、ジュエリーハナジマのWebサイトにも出て頂いている、一組のお客様のエピソードです。

一人の男性が、「彼女にサプライズプロポーズをしたい」とお店に来られました。

「世界で最も美しいダイヤモンドをプレゼントしたいので、素敵な指輪を作るために協力してもらえませんか?」

真面目で温かい、そして凛とした表情をしているお客様でした。

「相手は、優しく、そして僕のことをしっかりと見て、いつも愛情のある、温かい人です。そのイメージに合うような指輪を、作りたいんです」

彼女さんへの想いもたくさん聞かせて頂きながら、素敵な指輪のデザインや、真ん中に使うダイヤモンドの選び込みを行なっていると、2~3時間があっという間に経ちました。デザインも、お相手のイメージに合うように、世界で一つだけのデザインを描き起こし、それから1ヵ月ちょっとお時間を頂いて、サプライズプロポーズ用の婚約指輪をお作りする事になったのです。

婚約指輪が完成し、指輪を受け取りにお見えになる日に、彼からお電話を頂きました。

「今日は二人で行くので、是非もう一度ダイヤモンドの素晴らしさを、彼女に話して頂けますか」

彼女さんは、その日が初めてのご来店でした。そこで、 ダイヤモンドの選び方、 今回選んだダイヤの輝きの素晴らしさ、 世界でもこれだけ輝くものは、数十万個に一つの稀に見る美しさであるということをお伝えしたのです。

彼女さんは、「こんなにきれいなダイヤモンドをもらえる人がいるんだね」と彼に言いました。 その時彼は、こう答えたのです。 「実は、この世界で最も美しいダイヤモンドをプレゼントするのにふさわしい、世界で一番素敵な女性を見つけたんだ。 愛しています。もしよければ、僕と結婚してくれますか?」

出来上がっていた指輪を見せ、彼女に向かってプロポーズをしました。 プロポーズされた彼女様は美しい涙を流しながら 「私こそ、世界で一番素敵な男性に巡り合えたので、よろしければ結婚してください。・・・夢みたい」

彼はそれを聞いて、泣いていました。そこにいた私達まで、二人の優しい、まっすぐな想いが心に届き、涙を流していることに気が付きました。

実は私達も、彼からその日プロポーズするということはお聞きしていませんでした。

なぜ「ダイヤモンドの説明を彼女にしてほしい」という言い方をしてきたのか。 きっと彼は、「指輪を見に行こう」と誘ったのではなく、「世界で最も美しいダイヤモンドと書いてあるけど、本当かどうか試しに行ってみようよ」といった話の振り方をしていたのではないかと思います。

まさか彼がプロポーズをするとは思っていなかったので、私たちも驚き、そして、感動の渦が広がりました。

サプライズプロポーズをされたお客様には、後日、彼に行なったダイヤの選び込みのご説明と、全く同じことを、あらためて私達からお二人に対してさせて頂いております。

男性が、どれほどの温かい気持ち、愛情を持ち、それを指輪という形にし、勇気を持ってプロポーズしたかを。その素敵な彼の想いやお人柄を、プロポーズの後にもお店に遊びに来て頂いて、私達からご説明させて頂いています。

ご納品させて頂いた後も、毎年、お作り頂いた時の輝きを楽しんで頂く為にメンテナンスをさせて頂き、いつまでも愛情を育てて、もっともっと幸せになって頂くお手伝いをさせて頂いております。

宝石は、愛や想いを伝えるもの。伝え続けるもの。 その愛を重ねて、想いを最も素晴らしい輝きにしていくのが私共ジュエリーハナジマのお仕事です。