ジュエリーハナジマ社長のコラム

ダイヤモンドの輝き

こんにちは、ジュエリーハナジマ花島路和です。

明日はクリスマスイブ、たくさんの素敵な思い出が作られる素敵な日。 クリスマスのプレゼントを買いに来られるお客様のお顔には、たくさんの愛を伝えたいと言う真剣な想いと、普段伝えられない感謝の気持ちを、ジュエリーに添えてプレゼントしたいという温かい心が満ちています。

宝石とは、類まれな美しさを持ち、300年以上変わらない、希少性のあるものだけに与えられる特別な名称なのです。 あなたの誰にも負けない素敵な人への思いを、300年先まで語り継げるものが宝石なのです。

多くのお客様が、クリーニングにジュエリーをお持ち頂くと、その中のいくつかは 「これは主人が結婚する前にプレゼントしてくれたジュエリーだから大切にしているのよ」とおっしゃいます。

「これは、父と母が、成人式のお祝いにプレゼントしてくれたものなのよ!」と、嬉しそうに、懐かしそうに、おっしゃる姿をよく耳にいたします。

いつまでも変わることのない、素敵な想い、そんな思い出をお作りするお手伝いが出来る なんて、宝石の仕事は素晴らしい仕事なのだろうといつも思います。 だから、そんな素敵で真剣で純粋な想いに応えられるジュエラーでなくてはいけないの です。 これからも、もっともっと勉強して、努力して、いっぱい挑戦して、お客様の素敵な想いを たくさん伝えられるジュエラーになれるよ頑張って行きますので、楽しみにしていて下さい。