ジュエリーハナジマ社長のコラム

50年の感謝

こんにちは、花島路和です。みなさんお元気ですか。

元気があれば、何でも出来る!

今日は私の実家、ジャパン、東京都江戸川区にある、宝石・時計・メガネの株式会社ハナジマの50周年の感謝パーティーが、銀座、並木通りの三笠会館本店で行われる日です。

私も18年在籍させていただき、数多くのお客様に励まされ、育てられ、独立の足場を築かせて頂いた思い出多き会社です。

ちょっとまじめな話になりますけど。

光栄なことに私にも、50周年のパーティーにお手伝いの形で参加して欲しいとのオファーがあり、微力ながらも昨日から打ち合わせに参加させて頂いております。

この株式会社ハナジマと言う会社は、私の父が50年前に創業した会社であり、小さい頃は、両親の仕事が終わるのを兄妹三人でよく待っていました。

ガラスを通して、両親がお客様と笑いながら、接客をしている姿を見ながら育ち、中学に入った頃には、店頭でお客様にお寛ぎ頂けますよう、お茶だしの仕事をするようになっていました。

店に出させて頂いた頃は、父は日本ダイヤモンドクラブという、全国の優良宝飾店の研究会を立ち上げており、全国の宝石時計店のご子息さん達が修行生として、何人かいつも住み込みでいらっしゃっている、そんなお店でした。

「ハナジマに来て良かったと言われる店を作りたい」と言うスローガンも、この頃出来たと思います。(31~33年前、昭和46~47年位の話です)

その頃からのお客様をお招きしてのパーティー、お手伝いできて感謝です!

お客様のおかげで、幼稚園に行かせて頂いて、小学校に行かせて頂いて、最後には大学まで

行かせて頂いた事への感謝の気持ち、忘れることなんか出来ません。

今日は、最高に緊張して、最高にいっぱいお辞儀をして、最高の気配りをさせて頂いて、

すごく、すごく、大変だと思いますが。

こんな幸せなことはきっと、ないと思います。