ジュエリーハナジマ社長のコラム

輝きの探究

こんにちは。ジュエリーハナジマ花島路和です。

梅雨になり、雨や曇りの日が続くと去年までは大変でした。 何故かと言うと、ダイヤモンドの選びこみの中で最も重要なチェックである、太陽の光にダイヤモンドを当てて、輝きの強さ、七色の出方、全ての角度から輝いて見える、蛍光性などのチェックが出来ず、太陽の光が燦々と降り注ぐ晴天の日になるまで最終チェックを待たなくてはならなかったからです。

今年は、5月から業界でも初めてダイヤモンドライトという、ダイヤモンドが太陽の光の下で輝くのと同じ輝きを再現できるライトが開発されました。 このライトを、今年一番先に採用させて頂いたのがジュエリーハナジマです。

(思ったよりすごく値段が高くてどうしようかと思いましたが、私ダイヤモンドの輝きの探究には必要だと思い、清水の舞台から飛び降りてお求めさせて頂きました。)

ダイヤモンドライトを当てると、私が選び抜いたダイヤモンドは艶かしく、ギラギラと七色を放ち、幾分、太陽光線に当たった時よりも色っぽい感じに映ります。 自然が生み出す太陽光線を浴びると、私が選び抜いたダイヤモンドは、爽やかで、暖かさのある7色の美しい輝きが、20メートル先からでも目が痛くなる輝きを放ちます。 私が選びこむダイヤモンドは、あなた様が、生活をしているシーの中で美しい輝きが堪能できるように選びこみを しているから、どうしても太陽の下でご覧になられる時の輝きを最も大事に考えて選び抜いているからです。

その一つの例が、ジュエリーハナジマの照明は、4月の晴れた日差しの下で見るダイヤモンドの輝きの60%ダウンに見えるように、店舗デザインの時からダイクロハロゲンライトを開発したダイクロ工業の実験室に126種類の宝石を持ち込んで、3日間かけて開発したデザイン照明を使っています。 店内で見た時は美しかったのに、お家に帰ってきて宝石箱を開けてみたら、何にも輝かないなんて最高にショックですよね! ダイヤモンドは、心の輝きを永遠に、愛する想いを永遠に、7色の美しい誰もが憧れる輝きという形にして伝え続けられるからこそ尊いのです。

私の思うダイヤモンドは、夜寝る前に、嬉しくてもう一度宝石箱を開けて見てみると、ベッドサイドランプのほのかな光を浴びて、7色に燃え上がるようにゆらゆらと美しい輝きで涙が出てきてしまうものだけが、私の選ぶダイヤモンドです。

P.S ジュエリーハナジマでは、5月30日に店内、店頭、看板、イルミネーションなどの照明のほとんどのものを出来るだけ地球に優しい熱量も低く、二酸化炭素削減に貢献できて、従来の照明に比べて5分の1の電力で済むLED電球に交換工事をいたしました。 LED電球への交換や、看板や外部照明を消すことで、去年に比べて、50%以上の電力の節電にチャレンジしています。 地球に優しく心を大切に出来るジュエラーになれるよう頑張ります!