ジュエリーハナジマ社長のコラム

美しい心の輝き

こんにちは。

ジュエリーハナジマ花島路和です。 先日1月7日にNHK総合テレビの「ゆうどきネットワーク」でジュエリーハナジマが「驚きの輝きを持つダイヤモンドを扱うジュエリーショップとして」全国放送で紹介されました。

NHKの番組を見た宝石ファンの方や、素敵な思いを伝える大切なプレゼントをお作りにお客様が全国からお越し頂き、実際に私の選び抜いた特別なダイヤモンドの輝きを太陽の日差しの下でご覧いただくと、「すご~い!七色の虹みたいな輝きがどこからでも見える! 目が痛くなる輝きだね!」 「30メートル以上離れているのにあんなに光ってる!」 ダイヤモンドの輝きに感動されたお客様の多くの方が「なぜここまで輝きにこだわりを持って、ダイヤモンドの選び抜きを追求されていらっしゃるんですか?」と言う質問をうけます。

私が思う宝石とは、お客様の美しい心の輝きにふさわしい、類いまれな美しさを持つ、300年以上受け継ぐことのできる、希少性のあるもの。 愛する想い、人を想う心、感謝の思い。 どれをとっても、尊い、美しい、感動する、人を幸せにする思いですね! その感動する素晴らしい想いを、伝える、表すものが宝石ならば、人が憧れる、感動する、類いまれにしか出会うことのできない、至宝の輝きを持つ美しいダイヤモンドや宝石でなければ、その思いが伝えられないからです。

つけるたびに、その輝きを見てドキドキするような、普通の方が持っていない、こんなに素晴らしい輝きを持つダイヤモンド、宝石を探し抜いて、選び抜いてプレゼントしてくれた。

その情熱、愛情、努力を、いつまでもいつまでもその輝きを見るたびに思い出す。

それが、私の思う宝石だからです!