ジュエリーハナジマ社長のコラム

ご成人おめでとうございます。

こんにちは。 ジュエリーハナジマ花島路和です。

本日ご成人お迎えの皆さま、おめでとうございます。 又、家族の皆様、おめでとうございます&お疲れ様でした。

赤ちゃんのときから、ご自分の事より先に、風邪を引けば朝まで寝ないで看病し、少しでも輝く可能性を引き出せるように、子供さんのために、自分は贅沢をせずに時間もお金も惜しまずかけ、そんな日々を20年。

その何にも変えられない尊い行為、愛情! その愛情を一身に受けた子供さんの成人式。

お父様、お母様、ご家族の気持ちを思うと涙が止まりません!! (涙が、打ちながらとまりません!)

今年も、そんな成人式を迎える子供さんのいるお母様から、お嬢様やご子息様に 贈る、素敵なオーダージュエリーの注文を多数頂きました。 女性は、プレーンな世界で最も美しいダイヤモンドを使ったペンダントやピアス。 (いつでもつけていたいからと言う理由から)

男性は、パールのタイタックとカフスのセットが多かったです (冠婚葬祭のときに、一人前の大人としての身だしなみとして) ちなみに私は、26年前の成人式のお祝いの両親からの贈り物は、腕時計でした。

その腕時計は、大事に大事に使わせて頂きましたが、やはり機械物なので35歳を迎えるか 迎えないかと言う時期に止まってしまい、今では私のメモリアルミュージアムである自宅のデスクの引き出しで大事に眠っています。 ジュエリーリフォームをお持ちになるお客様の多くは、30年前に両親から成人式に贈られたとか、20歳の誕生日に買ってもらったペンダントを今のデザインに変えられませんかと言うご相談でお見えになる方です。 いつまでも、ご両親様から頂いたものを付けていたい、素敵な想いですよね! ジュエリーはいつまでも変らない想い、夢、愛情なんです。

お母様やお父様から、素敵な愛情のこもったジュエリーをお祝いで頂いたご子息様やお嬢様が結婚をして、ご家庭を持って、生まれてきた赤ちゃんがご成人を迎えられる時に、ご自分のお母様、お父様から頂いた素晴らしい愛情を、20歳の時頂いた記念のジュエリーを 見ながら思い返すことでしょう。