ジュエリーハナジマ社長のコラム

私に足りないもの!

こんにちは、ジュエリーハナジマ花島路和です。

ここのところ、寒い日が続きますね。 1月の23日から国際宝飾展が行われております。 各国、特徴がはっきり出ていて面白い。

たとえばドイツメーカーの特徴は、金やプラチナのどっしりついた、見た目にもシンプルな 質実剛健なデザイン。 逆にイタリアンジュエリーの特徴は、地金は軽くデザイン主体で、気に入ったラインが出るまで何回でも作る為に、地金(K18)の重さや、ダイヤモンドの量から考えると、値段は、目が出るほど高価だったりしますが、着けやすく、そのジュエリーを身にまとっているとお付けになった方がすごく素敵に見えるようになっています。 各国の国民性がジュエリーデザインにも強く反映していて面白いです。