ジュエリーハナジマ社長のコラム

宝石が、地球温暖化でピンチ

今日は、ジュエリーハナジマ花島路和です。

皆さんお元気でしたか。大変ご無沙汰をいたしました。 下記URLよりホームページもご覧いただけますのでお楽しみに! http://www8740.jp では、本日のテーマ「温暖化で宝石が危ない!」です。

今年の夏は、異例の猛暑。最高気温の記録の更新にわきました。 これって大変な事なんです。宝石の中でも海の中で育つ真珠と珊瑚。 この2つの宝石は海の中で出来る為に、地球の温暖化による海水の温度の上昇が、生存や成長に大きな影響を及ぼしているのです。 私の父(花島清治、日本ダイヤモンドクラブ会長)とここの所よく話をしているのが「珊瑚が死滅してしまう」

これを防ぐ為にイタリアでは珊瑚を取り出して、生息しやすい海に移動させている状態 です。 珊瑚をお持ちの方はどうぞ大事にしてください。 下世話な事ですが、珊瑚が1ミリ成長するには1年かかり、丸珠の12ミリ~14ミリの珊瑚が出来るまでに300年以上かかる場合が多いのです。

300年温暖化もなく、海が穏やかに昔の状態を保てないとすると、今後珊瑚が宝石として成り立つかと言うと可能性は限りなく0に近いのです。

父が持っている血赤珊瑚の兜の置物は、イタリアでその年取れた一番大きな幹を送ってもらい、高知の珊瑚の置物作りの名人に、時間をおしまず作り上げてもらった逸品です。 皆さまに楽しみにして頂けたらと思い、8月22日から店頭にてご覧頂けるように展示しております。 お時間のおありの方はどうぞお気軽に遊びにいらしてください。 また、このブログや、ショップ、ホームページへのご意見は、下記のコメントからご記入下さい。是非待っています。